防犯ブザー 通販|購入時のポイント(選び方) 徹底解説 おすすめランキング15選も紹介

お子様がランドセルに付けたり、夜道を歩く女性が防犯用に持つ防犯ブザー。毎日身につけるモノなので、持ち運びやすさや耐久性などもチェックしておきたいポイントです。

今回は、様々な条件から防犯ブザーを選びやすいように購入時のポイント(選び方)を「音量」「防水性」にまとめました。

どの防犯ブザーにするか迷っている方、必見ですよ。


はじめて防犯ブザーを購入される方に知ってほしいこと

音量から選ぶ

    音量から選ぶ

    外付けタイプは、出かけるときに施錠していく補助錠です。外に取付けることで防犯対策を強化していることがわかるため、見た目の防犯効果は高くなります。しかし商品によっては留守であることがわかってしまうものがあること、外側からしか施錠・開錠ができないため、中に人がいる場合は外に出られなくなってしまうことがデメリットとしてあげられます。

防水性から選ぶ

売れ筋 防犯ブザー ランキングTOP 15


防犯ブザー 購入時によくあるQ&A


Q 防犯ブザーの鳴らし方は?
A 防犯ブザーの鳴らし方は、いくつか種類があります。まずは、ピンを抜いてブザーを鳴らすタイプ。防犯ブザーはこのタイプが多いですが、ピンを抜いた後に紛失してしまうとブザーを止めることができなくなるというデメリットがあります。ピンが完全に抜けないタイプの防犯ブザーもありますので、紛失が心配な方にはこちらがおすすめです。また、ボタンを押すタイプの防犯ブザーもあります。ご自身が一番取り扱いしやすい防犯ブザーを選んでくださいね。

Q スマートフォンやパソコンで現在位置を確認できますか。
A スマートフォンもしくはパソコンのブラウザ上から現在位置を確認できるGPS機能が付いている防犯ブザーもございます。どこにいるかがひとめで分かるので、お子様に防犯ブザーを持たせる場合はGPS機能付きがおすすめです。

Q 防犯対策以外に用途はありますか。
A 防犯用に使うのはもちろん、迷子防止用に使いたい場合も適しています。LEDライトが付いている防犯ブザーでしたら災害時などにも役に立ちますので、ひとつ持ち歩いておけば安心です。


防犯ブザーに関するQ&Aをもっとたくさんみたい方


ご購入前に、まずは下記リンクから防犯ブザーについての知識を深めてから購入をご検討ください。

防犯ブザー 購入時の基礎知識

防犯ブザーは小さくても防犯グッズです。正しい知識をもって選び、使用しなければその効果を発揮できません。ここでは、防犯ブザーを選ぶ際・利用する際にぶつかる疑問を分かりやすく解説していきます。

防犯ブザーの効果

防犯ブザーカバンや持ち物にぶら下げておくことで、誘拐犯や痴漢に「捕まってしまうのでは」「周りに気づかれてしまうのでは」と思わせる犯罪抑止に効果的です。また、万が一のとき、恐怖で声が出ず、助けを呼ぶことができないかもしれません。防犯ブザーには、「犯行を抑制する効果」と「助けを呼ぶ効果」があるのです。


防犯ブザーの誤作動

電車や人が大勢いる中で防犯ブザーが鳴ってしまって恥ずかしい思いをされた方も多いのではないでしょうか。バッグなどに防犯ブザーのプラグを引っ掛けてしまい、大音量のブザーが鳴ってしまうことがあります。心配な方は誤作動防止スイッチがついたタイプを選ぶと良いでしょう。


防犯ブザーになるアプリ

音で周囲の人に危機を伝える、防犯ブザーの役割を果たしてくれるアプリもあります。万が一の事態にはタッチ一つボタン一つでアプリを起動し、周りにむかって警報を轟かせることができます。最近はこういったアプリがあるので防犯ブザーは必要ない、と考える方も多いようです。しかし、スマートフォンの電池切れや故障時には当然アプリは起動しませんので、防犯・痴漢対策を考えるならば防犯ブザーを持ち歩くことをおすすめします。



16