センサーライト 通販|購入時のポイント(選び方) 徹底解説 おすすめランキング15選も紹介

センサーライトを選ぶときは、利用目的や設置場所などを明確にしておくことが重要ですね。

そこで、様々な条件からセンサーライトを選びやすいように購入時のポイント(選び方)を「設置場所・設置方法」「メーカー」「給電タイプ」「オプション・その他」にまとめました。

用途や目的に合った1台を見つけて下さい。


はじめてセンサーライトを購入される方に知ってほしいこと

設置場所・設置方法から選ぶ

センサーライトを選ぶ際、設置場所・設置方法をきちんと選ばないと防犯効果を発揮できません。 設置場所にぴったりのセンサーライトはここからお探しください。

センサーライト 設置場所


センサーライト 設置方法



メーカーから選ぶ

メーカーによって機能や設置方法は異なります。
防犯に特化したタイプや、懐中電灯にもなる日常使いできるタイプまで幅広く取り揃えております。

センサーライト 取扱メーカー 一覧

給電タイプから選ぶ

現在はセンサータイプかコンセント式(電源タイプ)が主流ですが、乾電池式は配線不要の為、簡単に設置できることがメリットですね。設置する場所や目的に合わせて選びましょう。

センサーライト 給電タイプ

オプション・その他から選ぶ

アラームやフラッシュなどしっかり防犯対策したい方におすすめの機能や、省電力タイプのものまで、様々なセンサーライトがございます。

センサーライト オプション・その他

売れ筋センサーライトランキングTOP 15


センサーライト購入時によくあるQ&A


Q LEDとハロゲンの違いはなんですか。
A LEDは消費電力が少なく寿命が長いことが最大の特徴です。発光する際の発熱が小さく、長時間使用しても熱くなりにくい特徴があります。デメリットとしては価格が高いことがあげられますが、寿命が長いのでコストパフォーマンスは高いと言えます。
ハロゲンは、優しい淡い暖色系の光と、広範囲の照射が特徴です。広範囲に明るく照らすため高い防犯効果が期待できます。電池の寿命はLEDと白熱電球の中間程度となります。

Q 防雨とはどの程度ですか。
A センサー部とライト部が別になっているものも含めてほとんどの商品は「防雨」仕様になっていますが、「防水」仕様ではないので注意が必要です。防水等級「IP○4」であれば「いかなる方向からの飛沫でも有害な被害を受けない」程度になります。

Q ソーラーバッテリーの寿命はどれくらいですか。
A 照射時間の設定や、点灯頻度にもよりますが、おおよそ3年程で電池交換が目安となります。 水滴や風に反応して点灯することもありますので、設置する場所には注意が必要です。

Q コンセント式は雨のあたる場所に設置してもいいですか。
A センサーライトのほとんどの商品は「防雨」仕様となっていますが、直接雨にあたる場所に設置する場合は防水等級が「IP4」以上のものを選んでください。また、コンセントも防水性のコードを使用し、漏電には注意しましょう。

Q 人感センサーとはなんですか。
A 人感センサーは、人を感知したときだけ機器が動くセンサーの総称です。不審者にライトで威嚇をしたり、人がいる時間だけ録画することができます。ライトの切り忘れを防ぎ節電にもなります。 なお、人感センサーは赤外線の変化を感知する仕組みになっていて、センサーから赤外線は出ていません。そのため、人体はもちろん、電化製品にも影響はありませんのでご安心ください。


センサーライトに関するQ&Aをもっとたくさんみたい方


ご購入前に、まずは下記リンクからセンサーライトについての知識を深めてから購入をご検討ください。

センサーライト購入時の基礎知識

センサーライトは種類や機能も様々で、どのタイプを選べばいいか迷ってしまいますよね。
「LEDとハロゲンの違いってなに?」「ソーラーバッテリーの寿命は?」
ここでは、センサーライトを購入する際にぶつかる疑問を分かりやすく解説していきます。比較検討時の知識としてお役立てください。

センサーライトの給電タイプについて

給電タイプは、コンセント式のものと違い、設置場所を気にせず配置できることが魅力です。配線工事も不要のため、気軽に設置することが可能です。給電タイプのデメリットとしては、電池切れになると機能しなくなるため、こまめにチェックが必要です。ライトがつかないと防犯効果が薄れるので、電池が切れる前に交換しなければなりません。給電タイプのセンサーライトを設置する場合は、電池の寿命が長いLEDを使用することがおすすめです。


センサーライトの防水性能について

屋根のない場所にセンサーライトを設置する場合は、防水性が重要です。製品のパッケージにある「IP44」などの表記を確認してください。これは国際的な規格で定められている防塵・防水の保護等級で、「IP○●」と表記され、IPのあとに続く数字がそれぞれ防塵と防水の性能を表しています。例えば「IP44」であれば、右側の数字(●の部分)が防水等級を表しています。この場合数字は4ですから「防沫型」で、「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」ということになります。数字が大きいほど防水性が高くなりますが、基本的に防水等級が4以上であれば屋外で雨にあたってもおおよそ問題はありません。


センサーライトの防塵性能について

防水・防塵機能があるセンサーライトには「IP○●」と記載されている規格があります。IPのあとに続く数字がそれぞれ防塵と防水の性能を表しています。左側の数字(○の部分)が大きいほど防塵性が高くなります。「IP○6」であれば、「台風などの豪雨でも粉塵が内部に侵入しない」程度になります。


センサーの種類について

センサーの中には、人感センサーが作動したときのみ点灯するタイプと、常に点灯していて人感センサーが作動したときのみ光が強くなるタイプがあります。人感センサーが作動する距離にもメーカーごとに差があり、2メートルで感知するものもあれば、8メートルで感知するものもあります。設置する場所や距離によって選ぶのがおすすめです。


センサーライトの設置方法の種類について

センサーライトは、設置する場所に合わせて取り付け方を選ぶ必要があります。設置したい場所や用途にあったタイプを選んでみてください。


センサーライトの有効な設置場所について

センサーライトは、どのような場所に設置すると効果が高いのでしょうか?ここでは、センサーライトの有効な設置場所についてご紹介します。



43