防犯砂利 通販|購入時のポイント(選び方) 徹底解説 おすすめランキング15選も紹介

防犯砂利とは、その名の通り防犯面に特化した砂利になります。石一粒が大きく、そのうえを人が歩くと、粒と粒がこすれあって、大きな音を出す砂利のことです。防犯対策の他、猫よけにも効果があります。しかし、一口に防犯砂利といっても様々な種類があるため、「防犯砂利の名前は知っているが、選び方がわからない」という方も多いかもしれません。

そこで、様々な条件から防犯砂利を選びやすいように購入時のポイント(選び方)を「素材」「目的別」「メーカー」にまとめました。

自分にあった防犯砂利を選んで、防犯性が高い家作りを目指しましょう。


はじめて防犯砂利を購入される方に知ってほしいこと


素材から選ぶ

防犯砂利には、さまざまな素材があります。特徴とあわせてご紹介していきます。

防犯砂利 素材

    ガラス製

    ガラス製の防犯砂利は、ガラスを高温溶解して発泡処理をしたものです。空気を多く含んでいるため 軽いわりには粒が大きく、大きい音を出してくれるのが特徴です。防犯砂利のなかでも安価で購入できますが、発泡処理をされたガラス製の防犯砂利はもろく、すぐに粉々になってしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。


    天然石や溶岩

    天然石や溶岩を元に作られた防犯砂利は、落ち着いた色合いや形の砂利を敷きたいという人におすすめです。保水性が高くて重量があり、雨の日に防犯砂利が水に流されにくい特徴がありますが、そのぶん踏んだ時に音が鳴りにくいというデメリットもあります。


    セラミック

    セラミックとは電柱や電線に使われる素材で、雨でも流されにくいのが特徴です。踏んだときの音も大きいので、防犯効果も高いですが、他の防犯砂利と比べると高価なことがデメリットです。


    瓦で作られたれた防犯砂利は、重さがあり、透水性と保水性に優れているうえ、水に強いのが特徴です。安価で購入できますが、他の防犯砂利と比べると音は小さめです。

目的から選ぶ

防犯砂利を敷くことで、防犯対策、猫よけの効果が期待できます。また、従来の砂利と同様にお庭の模様替えとして防犯砂利を敷くこともできます。

防犯砂利 目的

    防犯

    防犯砂利は、踏むと76.5dB(デシベル)以上の音を出すように作られています。わかりやすく表現すれば騒がしい街頭と同じくらいと言われています。泥棒は大きな音を立てられる環境を嫌う傾向があるため、防犯対策として効果が期待できます。


    猫よけ

    防犯砂利をひくことで、庭に猫が侵入を防ぐ効果があるとも言われています。しかし、効果は一時的で、猫が防犯砂利に慣れてしまうこともあるようです。


    庭の模様替え

    ピッキングをする泥棒は、カギ穴がなければピッキングできません。カギ穴がないタイプの電子錠は、カギ穴が見えないので、ピッキングの被害にあう心配がありません。



メーカーから選ぶ

メーカーによって素材や量は異なります。目的に合わせてお選びください。

防犯砂利 取扱メーカー 一覧

売れ筋 電子錠 ランキングTOP 15


防犯砂利 購入時によくあるQ&A


Q ガラスの防犯砂利が割れてしまった。
A ガラス製の防犯砂利は、安価で買いやすいのですが、空気を多く含んでいるため非常にもろく、踏むたびに粉々になってしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。割れにくい瓦などの重い防犯砂利を選んでみてください。

Q 防犯砂利はどうやって捨てたら良いですか。
A 土や砂利は行政では回収できないため、ご自身で産廃業者を手配する必要があります。おおよそ10袋分で7〜8,000円ほど回収費用がかかります。詳しくは、産廃業者までお問い合わせください。

Q 普通の砂利では防犯対策になりませんか。
A 防犯砂利は、踏むと76.5dB(デシベル)以上の音を出すように作られています。掃除機ぐらいの大きさです。大きな音を立てるという点では、やはり防犯砂利の方が大きな音を立てることができるため、防犯対策をとるのであれば防犯砂利の設置をおすすめします。


Q 防犯砂利の音量(デジベル)について。
A 私たちの通常の生活音は、一般的に40〜50デシベルで、人間がうるさいと感じるのは60デシベル以上の音と言われています。 防犯砂利の上を歩いた場合、76.5〜80デシベルもの音を出します。76.5デシベルをわかりやすく表現すれば、掃除機や、騒がしい街頭と同じくらいの音量です。このような大きな音で、空き巣や泥棒を家から遠ざけることができるのです。防犯対策用には76.5〜80デシベルの音が出る防犯砂利を選びましょう。



防犯砂利に関するQ&Aをもっとたくさんみたい方


ご購入前に、まずは下記リンクから防犯砂利についての知識を深めてから購入をご検討ください。

防犯砂利 購入時の基礎知識

防犯砂利はただ敷けば良いというわけではなく、正しい知識がなければ後から後悔することになるかもしれません。ここでは、防犯砂利に関する疑問を分かりやすく解説していきます。参考にして防犯砂利の効果を最大限にしましょう。

防犯砂利のメリット

・踏むと大きな音をたてるため、防犯効果がある
・除草剤シートとあわせることで雑草繁殖の防止
・土に接触することなく歩くことができるため、靴が汚れにくくなる
・庭の模様替えができる
・猫よけに効果がある


防犯砂利のデメリット

・軽い素材はすぐ割れてしまい、粉塵が舞う
・土などの汚れがたまりやすいため、掃除が大変
・除草シートの存在が不可欠
・素材によっては除草対策に期待できない場合がある
・ガラスを加工して作っているものはケガをしてしまう可能性がある
・大きな音が原因で場合によっては近所トラブルになる可能性がある
・防犯砂利を処分するには自分で産廃業者の手配必要


防犯砂利を敷くときの注意点

人通りが多いところには敷かない
防犯砂利を踏むと大きな音がするため、人通りが多い場所に敷いてしまうとご近所の迷惑になるかもしれません。また、しょっちゅう音が鳴っていると、いざ不審者が近づいてきたときに気づかない恐れもあります。


防犯砂利の敷き方

防犯砂利は、どうやって敷けばいいのでしょうか。自分で防犯砂利を敷くときの作業方法や、用意するものを紹介します。



43