キーキャビネット 通販|購入時のポイント(選び方) 徹底解説 おすすめランキング15選も紹介

「キーキャビネット」とは鍵を管理するケースのこと。キーを取りかけるフックがついているので、オフィスなどで使う複数のカギを一箇所にまとめて保管するのに向いています。 今回は、様々な条件からキーキャビネットを選びやすいように購入時のポイント(選び方)を「デザイン」「容量」「メーカー」にまとめました。どのキーキャビネットにするか迷っている方、必見ですよ。


はじめてキーキャビネットを購入される方に知ってほしいこと

デザインから選ぶ

キーキャビネットには、壁に固定するタイプや、ダイヤル式、テンキー式など様々なタイプがあります。実際に使う場面を想定して選びましょう。

キーキャビネット デザイン

容量から選ぶ

キーキャビネットは、収納したいキーの数に合わせて選びましょう。たくさん鍵を収納しない方向けの小容量の1〜10本収納タイプから、鍵が増えても安心の120本収納できる大容量のタイプもございます。

キーキャビネット 容量



メーカーから選ぶ

様々なメーカーがキーキャビネットを数多く揃えています。設置場所や目的に合わせて選んでみてください。

キーキャビネット 取扱メーカー 一覧

    防犯グッズのパイオニアとし絶えず研究開発を続け、常に時代と共に老朽化する建物を防犯の面でフォローしグレードアップする商品を提供するKEIDEN(計電産業)。不動産管理会社に絶大の人気を誇るキーボックス「カギ番人」「ロック・ツー・ロック」をはじめ、デザイン性と頑丈さで人気のキーキャビネットも紹介しています。

    キーボックス『TANNER』は、大規模施設から一般家庭まで幅広く利用されています。 ダイヤル式やテンキー式などバリエーションも豊富です。お客様に低コスト・高品質な商品を提供しているTANNERをぜひお試しください。

    言わずと知れた文具やオフィス家具、事務機器の製造・販売会社、KOKUYO(コクヨ)。KEYSYS(キーシス)シリーズのキーボックスやキーファイルは高いセキュリティー性と収納力で人気があります。キーボックスや金庫などセキュリティー商品も種類が豊富です。

    アルバム・製本事業で国内最大手のシェアを誇るナカバヤシ。大人気の「ハンディーキーボックス」や「キーステーション」をはじめ、キーキャビネットを多数ご紹介しています。

    ガードロックは、高い技術とこだわりの設計で防犯、鍵、カギ、かぎ、ロック、錠の専門会社。不動産管理会社様に人気の「物件管理ロック」や「キーバンカー」など、防犯にこだわった製品が多数あります。ご家庭用防犯製品から物件管理ロックなどの不動産業プロユースまで幅広く展開しています。

    寛政4(1792年)の創業以来、文具・事務器のパイオニアとしてロングセラー商品を多数提供しています。キーキャビネットやキーボックスは、壁面式や引き出し式、プッシュボタン式などバリエーションも豊富です。

    CARL(カール事務器)は、文房具・事務用品・事務機器等の企画・開発、製造・販売会社です。キーボックスやキーキャビネットはスタイリッシュなデザインで、バリエーションも豊富で企業から家庭まで多くのお客様に利用されています。

    商品力のある多彩な製品を提供しているSIS。2013年秋の「東京インターナショナル・ギフトショー」では、正規ライセンス商品がグランプリを受賞し、メディアに取り上げられました。セキュリティー商品も種類が豊富です。

    人・環境に優しい快適空間を創造”をテーマに幅広い分野の商品をお届けするダイケン。小物類を収納できるボックス付南京錠キー保管ボックスは、留守中のキー保管・受け渡し、店舗・不動産業者・建設現場・モデルルームのキー管理等に大変便利で好評です。


    タチバナの高度な技術と多くの人々から支持される製品開発は、セキュリティーの分野にも反映されています。コンパクトな文房具からワークスペースの空間づくりまで、守備範囲の広さと充実したラインナップは、機能だけにとどまらないファッショナブルな防犯が、ここには確かに存在しています。

    ASMIX(アスカ)は、シュレッダー・ラミネーター・防犯ブザー・事務機器などの製造・販売会社。「スタイリッシュなデザイン」で「オフィスにあたらしい空間を創造する」それが製品開発のポリシーです。

売れ筋 キーキャビネット ランキングTOP 15


キーキャビネット 購入時によくあるQ&A


Q キーキャビネットには鍵しか保管できませんか。
A 鍵だけではなく、USBなどハンガーで吊る形で保管できる兼用タイプもございます。

Q キーキャビネットの暗証番号を忘れた!!
A 「緊急解除キー」がついていないダイヤル式キーボックスの暗証番号を忘れた場合、破壊するしかありません。暗証番号を忘れないようにメモしておくなど、対策をしておきましょう。

Q キーボックスの暗証番号を変更したい。
A 商品によって変更方法は異なります。説明書をご覧いただくか、メーカーにお問い合わせください。

Q キーキャビネットは持ち運びできますか。
A 取っ手が付いているタイプでしたら持ち運びに便利です。不動産会社など複数の鍵を管理したい方に選ばれています。

Q キーキャビネットの収納本数を増やしたい。
A 別売りハンガーを追加すれば、収納本数を増やすことができるキーキャビネットもございます。将来的に鍵の本数が増えそうな場合は、あらかじめハンガーが増やせるタイプを選べば安心です。


キーキャビネットに関するQ&Aをもっとたくさんみたい方


ご購入前に、まずは下記リンクからキーキャビネットについての知識を深めてから購入をご検討ください。

キーキャビネット 購入時の基礎知識

キーキャビネットは、使用方法や目的など様々です。ここでは、キーキャビネットを利用する際にぶつかる疑問を分かりやすく解説していきます。

キーキャビネットの必要性について

引き出しや金庫など、会社でたくさんの鍵を一か所にまとめて保管・管理できるので紛失などリスクが減ります。上部に取っ手がついているものは、不動産屋さんが管理物件のカギを持ち運ぶときに便利です。


キーキャビネットの収納本数について

キーキャビネットの収納したいキーの数に合わせて収納本数を選ぶことが大切です。キーが増える可能性がある場合は、それを見込んだ上で多めに収納できるものを選びましょう。追加ハンガーで本数を増やせるキャビネットを選ぶのもおすすめです。


キーキャビネットの暗証番号について

緊急開錠キーが付いていないものについては、鍵の専門業者やメーカーに相談するか、キーキャビネットを破壊する必要があります。くれぐれも暗証番号を忘れないよう、メモしておくなど、対策をしておきましょう。



163