キーボックス 通販|購入時のポイント(選び方) 徹底解説 おすすめランキング15選も紹介

「キーボックス」とは鍵を管理するケースのこと。職場や家庭などさまざまな所での鍵の受け渡しに便利なアイテム。しかし、一口にキーボックスといっても壁掛け式から南京錠のような形のものまで種類も豊富で、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。

そこで、様々な条件からキーボックスを選びやすいように購入時のポイント(選び方)を「デザイン」「容量」「メーカー」にまとめました。

キーボックスを活用すれば、鍵の受け渡しもスマートになること間違いなし!


はじめてキーボックスを購入される方に知ってほしいこと

デザインから選ぶ

キーボックスには、壁に固定するタイプや、ダイヤル式、テンキー式など様々なタイプがあります。実際に使う場面を想定して選びましょう。

キーボックス デザイン

容量から選ぶ

キーボックスは、収納したいキーの数に合わせて選びましょう。たくさん鍵を収納しない方向けの小容量タイプから、オフィスでたくさんの鍵を保管する方向けの大容量のタイプもございます。

キーボックス 容量



メーカーから選ぶ

メーカーによって機能や設置方法は異なります。壁付け型や南京錠型など、幅広く取り揃えております。目的に合わせてお選びください。

キーボックス 取扱メーカー 一覧

売れ筋 キーボックス ランキングTOP 15


キーボックス 購入時によくあるQ&A


Q キーボックスの暗証番号を忘れた。
A 「緊急解除キー」が付いていないキーボックスの暗証番号を忘れた場合、残念ながらバールなどで破壊するしかありません。暗証番号を忘れないようにメモしておくなど、もしものときのために対策をしておきましょう。

Q キーボックスには、鍵しか収納できませんか。
A 鍵の保管や受け渡し以外にも、印鑑やメモなどの保管もできます。南京錠型のキーボックスでしたら、宅配ボックスなどに付けて南京錠として使用しているかたもいらっしゃいます。

Q キーボックスの暗証番号を変更したい。
A 商品によって変更方法は異なります。説明書をご覧いただくか、メーカーにお問い合わせください。

Q 誰がどの鍵を持ち歩いているか管理したい。
A 鍵の管理運用システムをご利用いただくことをおすすめします。会社で複数の鍵を管理運用できるため、誰がどの鍵を持ち出しているかが一目で確認できます。


キーボックスに関するQ&Aをもっとたくさんみたい方


ご購入前に、まずは下記リンクからキーボックスについての知識を深めてから購入をご検討ください。

キーボックス 購入時の基礎知識

キーボックスは、使用方法や目的など様々です。ここでは、キーボックスを利用する際にぶつかる疑問を分かりやすく解説していきます。

キーボックスの必要性について

会社でたくさんの鍵を保管・管理する場合、全員に合い鍵を渡すよりキーボックスに保管した鍵を共用利用する方が、紛失などのリスクが減ります。また、お子さんの鍵の受け渡しにも便利です。「子どもにカギを持たせなくて済む」という声も多く、家族間で何本も合鍵を作る必要もありません。


ダイヤル式キーボックスの注意点について

ダイヤル式キーボックスは、暗証番号の数字が多くなればその分セキュリティ度を高めることができますが、住宅への出入りで開錠する際には、暗証番号を押している所を見られたりしないよう注意が必要です。特に、「かぎっ子」のお子さんには、暗証番号を声に出して開錠したり、人に教えたりすることのないように注意しておくことが大切です。


キーボックスの暗証番号について

緊急開錠キーが付いていないものについては、キーボックスを破壊するしかありません。くれぐれも暗証番号を忘れないよう、メモしておくなど、対策をしておきましょう。



80