TOP金庫 通販|おすすめランキング15選 と 購入時のポイント(選び方) 徹底解説!>日セフ連が定める金庫の性能表示マークをご紹介

日セフ連が定める金庫の性能表示マークをご紹介

「金庫の仕様にあるマークの意味がよくわからない!」

そんな方のために、この記事では金庫の性能表示マークを一気にご紹介します。

性能表示の意味がわかっていると、金庫をより有利に選ぶことができます。
「もう少し高い強度の金庫が欲しいんだけど」
「こんなに頑丈な金庫じゃなくていいいよ!」
など、いろんなニーズがあるかと思います。そんな時に役立つのが性能表示です。

性能表示マークでわかるのは、

  • 何を
  • 何から
  • どのくらいの時間
守ってくれるのか、ということです。かなり細かく設定されていますが、パターンがあって把握しやすいですので、ご安心下さい。

では、さっそく見ていきましょう。

耐火金庫の性能表示マーク一覧

まずは耐火性能がどんな性能なのかご説明します。

耐火性能試験には、以下の3種類があります。

  • 一般紙用耐火試験
  • フレキシブルコンピュータディスク用耐火性能試験
  • 急加熱・衝撃落下併用試験

気になるのは、具体的にどんな試験内容になっているのかということですよね。一つ一つ順にご説明しますね。

一般紙用耐火試験

試験する金庫の内部壁面全体に新聞紙を貼り付け、少しもんだ新聞紙も一緒に入れて加熱します。加熱温度は843~1093℃で、30分で一気に843℃まで加熱し、その後少しずつ温度を上げて行く、という方法がとられています。
合格基準は庫内の温度が177℃以上になっていないことと、内部に貼り付けた新聞が読める程度の劣化で済んでいることです。

フレキシブルコンピュータディスク用耐火試験

加熱方法は一般紙用耐火試験と同じですが、基準は以下の2点です。

  • 最高温度:52℃以下
  • 最高湿度:80%以下

一般紙用耐火試験に比べると、かなり厳しい基準であることがわかります。

急加熱・衝撃落下併用試験

この試験では最初から炉を1090℃に加熱しておきます。その後、

  • ①試験する金庫を加熱済みの炉に決められた時間だけ入れる。
  • ②破裂がないのを確認。
  • ③更に加熱。
  • ④4分以内に取り出し、9.1メートルの高さから落下させる。
  • ⑤更に加熱。
  • ⑥自然冷却。

以上の結果、破裂がないかどうか確認します。こちらもかなり厳しい試験ですね。

耐火性能試験合格品 性能表示マーク一覧

耐火性能についてよくわかったところで、実際に性能表示マークを見てみましょう。 数字はそのまま試験時間を表しています。わかりやすいですよね。

防盗金庫の性能表示マーク一覧

次に防盗金庫の性能についてご説明します。

防盗性能試験には、以下の3種類があります。

  • 耐溶断・耐工具(TRTL)防盗試験
  • 耐工具(TL)防盗試験
  • 耐工具(TS)防盗試験

合格基準は「決められた時間、破壊されないこと」です。
では、それぞれで用いられる工具と試験方法を確認しましょう。

耐溶断・耐工具(TRTL)防盗試験

  • ガスバーナーによる溶断
  • バールを使ったこじ開け
  • 簡易工具と電動工具による破壊

耐工具(TL)防盗試験

  • バールを使ったこじ開け
  • 簡易工具と電動工具による破壊

耐工具(TS)防盗試験

  • 電動工具をのぞく簡易工具での破壊

防盗性能試験合格品 性能表示マーク一覧

では、実際の性能表示マークを確認してみましょう。
こちらも耐火性能表示と同じで、数字がそのまま試験時間を表しています。

その他の性能・注意表示一覧

日セフ連が定める「その他」性能表示は、警報装置が付いているかどうかのマークのみです。

その他 性能表示マーク一覧

そもそも日セフ連ってどういう団体なの?

ここまで金庫の性能表示についてご紹介してきました。
では、これらのマークを定めている日セフ連とは、そもそも何なんでしょうか?わからない方も多いかと思いますので、ご説明します。

「日セフ連」というのは、「日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会」の略称です。「セーフ・ファニチュア」というのは金庫のことを指します。つまり、金庫を取扱う事業者の協同組合連合ということですね。

組織としては、全国5地区の協同組合から成り立っています。具体的には、

  • 東京
  • 中部
  • 大阪
  • 中国
  • 九州

の、計5地区です。

主な活動は、事業者に対する金庫の基準の設定と、消費者に対する基準の啓蒙です。これらを通して、金庫業界の活性化に努めています。

日セフ連の歴史は古く、昭和16年に全国金庫連合会として創立。以来50年以上にわたり、活動を続けているわけです。
金庫の性能表示も消費者に対する基準の啓蒙の一環ですね。非常にわかりやすく、金庫を選ぶ際の良い手助けになります。

まとめ

金庫を選ぶときに気になるのは、やはり性能ですよね。その性能をわかりやすく伝えるためのツールが性能表示です。

例えばあなたが「こじ開けに強い金庫が欲しい」と考えてる場合には、防盗性能の表示がある金庫を探せば良いわけです。逆に性能表示を見て「ここまでの性能は必要ないな」と思ったら、もう少し性能をおさえた金庫を探すことで、コストカットすることができるでしょう。

ぜひここでご紹介した性能表示を、金庫を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。