TOP防災対策「これだけは準備したい」災害の備え方>普段から持ち歩くことをおススメする防災グッズ

シーン別特集【「これだけは準備したい」災害の備え方】/普段から持ち歩くことをおススメする防災グッズ

普段から持ち歩くことをおススメする防災グッズ

近頃、防災グッズの携帯を呼びかける運動が活発になっているのをご存知ですか?
これまでの大地震、大災害で防災グッズが命の分かれ目になったケースもあり多数のメディアやグループが携帯防災グッズの常備を推薦しています。

しかし、いざ持ち歩くとなると何を優先的に持ち歩くべきなのか、悩む方も少なくないはず。
今現在多数の防犯グッズが販売されているため前知識無しでは選びづらいかもしれませんね。
そこで今回は普段から持ち歩いておきたい、おススメの防災グッズについて紹介します。

防災グッズの入れ物はどうする?

防災グッズの入れ物ですがポーチサイズの物が日頃持ち歩くのに便利です。
重量や容量を考えるとそこまで多く入らないので下記の中から必要な物を絞って携帯すると良いでしょう。

ホイッスル

閉じ込められた時や緊急時にホイッスルを鳴らすことで周囲に存在を示す事が出来るアイテム。
この音に気付いて救助が駆けつけてくるといったパターンも災害時では少なくありません。
視覚情報が頼りにならない夜でも大きく音を響かせることで家族やグループと合流しやすくなります。

ランタンか懐中電灯

ランタンか懐中電灯

懐中電灯は一部分を照らすだけなのでランタンの光に比べるとやや心もとないかもしれません。
小型のランタンで良いのがあればそちらを優先しましょう。
腕に引っ掛けるタイプのランタンは両手が空いた状態で移動が出来るので負傷した人を支えている場合でも扱いやすいです。

携帯ラジオ

携帯電話での情報収集は通信・電力面での不安要素が多いです。
緊急時、どんな状況なのか知りたいのに調べられない、という事態が起きないように携帯ラジオを常備しておきましょう。

携帯電話のように画面に集中して立ち止まる心配が無いのも携帯ラジオの強みです。

ブランケットや布類

ブランケットや布類

ブランケットを常備しておくと避難時でも落ち着いた休息が取りやすいです。
持ち歩くことを考えると保温効果と携帯性の優れているアルミ製などが望ましいかもしれません。

意外かもしれませんが、避難生活の一番の敵はストレスからなる体調不良です。
そしてそのストレスを発生させやすいのが睡眠不足。
普段と違う環境での睡眠は疲れが取れにくく、体調不良の悪循環に陥りやすいので安眠グッズをしっかり常備しておくのもオススメです。

カイロ、その他暖が取れるもの

暖かさを感じることによって人間は安心感を得ます。
特に暖かく美味しい食事は心も体も落ち着かせる重要なもの。

如何なる時もカイロはもちろん、食事を暖めるものを持ち歩いておくのがベストです。

携帯生活用品

携帯トイレ、歯ブラシ、服用している薬、コンタクトレンズなど日常生活で使用しているものを常備しておくこと。
お風呂が使えないことを想定して、体の汚れをふき取るウェットティッシュも忘れずに。

これらを参考にして持ち歩く防災グッズを選んでみては如何でしょうか。
災害時でも生活の質を出来るだけ落とさないようにグッズ選びをしてください。