TOP防災対策「これだけは準備したい」災害の備え方>長期保管可能!最近の非常食ってどんなもの?

シーン別特集【「これだけは準備したい」災害の備え方】/長期保管可能!最近の非常食ってどんなもの?

長期保管可能!最近の非常食ってどんなもの?

地震や災害が起こったときに必要になるのが、非常食です。
何かが起きてから用意したのでは遅い非常食は、日頃からストックしておくことが大切です。
そんな時に重要になるのが、長期間保存できる非常食となります。長期保管可能な最近の非常食についてまとめてみました。

非常食といっても、最近の非常食は進化しています。
万が一の備えでありながら、美味しいものも増えてきています。
例えば、おでんやさぬきうどんといった一見、手間のかかりそうなものでも非常食となっています。

非常食

非常食と言えば缶詰めなどが有名ですが、最近では缶詰パンなども販売されています。
味の種類も豊富で、オレンジマフィンやチョコレートディニッシュなど、美味しく食べることができます。

カゴメの「野菜一日これ一本」といったドリンクなどは、単に非常用としてだけでなく、栄養素などもしっかり摂取できる商品になっています。

従来から有名なカンパンといった非常食も、ビスコなどに置き換えることで、美味しくおやつとして摂取することが可能です。
また、帝国ホテルなどの有名ブランドも非常食を販売しています。
スープやカレーといった簡易的に食べることのできる非常食となっています。

これらのように、最近の非常食は趣向をこらした商品が多くあります。
いずれも、5年ほど保管できる非常食のため、長期的に家で保管していても安心の非常食です。

非常食

また、非常食の中には、25年もの長期保管可能なものもあります。
長期保存できる理由としては、水分だけを徹底的に除去してフリーズドライにすることが挙げられます。食品が食べられなくなるのは腐ることと酸化することの大きな原因がありますが、こういった非常食は、水分を徹底的に除去することで長期保管を可能にしています。

凍結乾燥食品で合成保存料なども使用していないため、最強の非常食などとも言われています。
非常食の購入場所として、ネットの通販などもあります。

大量に必要な非常食はまとめ買いをしたいものですが、宅配でまとめて送って頂けるので楽です。
缶詰のシチューやクラッカーなどがセットになって60食分などを、まとめて一度に購入してしまうという方法もあります。

いかがでしたでしょうか。
これら、最近の非常食は様々な種類のものが販売されています。美味しいものや栄養素などもしっかりとれる非常食が多くあります。また、長期保管可能なものは、何十年も保管することが可能です。地震などの防災に際して、日頃からしっかり非常食を準備しておくようにしましょう。