TOP防災対策「これだけは準備したい」災害の備え方>防災頭巾はどんな時に役に立つ?

シーン別特集【「これだけは準備したい」災害の備え方】/防災頭巾はどんな時に役に立つ?

防災頭巾はどんな時に役に立つ?

現在多くの小学校などで導入されている防災頭巾。
通常は座布団代わりや椅子の背もたれに被せるクッションとして扱えるため、使っているうちに思い入れが深くなった方も少なくないでしょう。

この防災頭巾が本格的に普及し始めたのは1970年代。
実は古くから使われ続けてきたアイテムなんです。
そんな親しみのある防災頭巾ですが、実際どのような状況に対して役立つアイテムなのか意外にも深く知られていません。

そこで今回は防災頭巾が役立つ状況やその優れた機能性について解説していきます。

防災頭巾は地震発生時の避難に役立つ

防災頭巾は地震によって起こる、軽い落下物を防ぎながら避難する場合に役立ちます。
身を守る効果としてはヘルメットの方が優れているのですが大人でも子供でも身につけやすいというのがこのアイテムのポイント。

なおかつ、かさ張りにくいため携帯性の面でもヘルメットより扱いやすいです。
ちなみに日本防災協会認定の防災頭巾は大きな障害物による衝撃を抑える効果を持つなど一般的な物よりも高い性能を兼ね備えています。
そのため防災頭巾の購入を新たに検討する場合は防災協会に認定された商品を選ぶのが非常にお勧めです。

防災頭巾は火災時にも役立つ

防災頭巾は火災時にも役立つ

直接火に触れなくても火災による影響は熱風によって皮膚や髪が傷ついたりする形で表れます。
皮膚が弱い幼児はそれだけで重症になる可能性も否定できません。
では、どうやって身を守ったら良いのでしょうか。

実はそんな火災時の問題解消に役立つのも防災頭巾。
被れば側面までガードすることが出来るので被害の軽減が期待できます。
髪の長い方は火による引火も比較的起こりやすいため防災頭巾を身に着けるだけでも災害リスクを減らすことが出来ますよ。

災害時のため治療できないまま悪化してしまったというケースはこれまでの災害でも多数確認されているので防災頭巾の装着は治療が出来ない状況に対しての予防策にもなります。

防災頭巾はクッションとしても役立つ

防災頭巾は布であることが一番の利点であるといっても過言ではありません。
負傷した部分に対するクッションにすることで痛みを和らげる効果を持ちますし他にも体に忍ばせて暖を取る等、機能性を持つ布としての扱い方も出来ます。

現在では背中に背負える物、手提げ袋の変わりに出来るもの、様々な特徴を持つ防災頭巾があるので購入時には商品の特徴をチェックしてみるのも良いかもしれません。

紹介したとおり、多くの状況で防災頭巾は役立ちます。
災害に備えるためにも今一度防災頭巾の使い方や用意を確認してみましょう。